乾燥だけじゃない、意外な唇のかさつきの原因3つ

意外に知らない、唇のこと

外出時にはしっかりケアを

夏場は湿度が高いから唇がかさつくのがわからない、なぜ?原因の一つとして考えられるのは紫外線によるダメージです。よくよくリップクリームを見てみると、日焼け止めクリームに表示されているSPF表示があるものがあります。薄くてデリケートな唇なのに、日焼け止め対策まで気が回らなかった人も多いのではないでしょうか。唇も体表の他の部分と同じで日焼けします。お肌の美白と同じように、唇もしっかり気を付けましょう。
もう一つ注意しなければならないのは、アレルギーです。湿疹や赤みなどのわかりやすいアレルギー症状が出る方はすぐに気づく事が出来ますが、唇に出る症状の場合はケア不足と勘違いしてしまう場合があります。外出中は家の中と異なり、たくさんの人・モノに接触します。突然唇のコンディションが悪化したと感じた場合、何かアレルゲンに触れたのではないかということも疑ってみましょう。

ケア用品なのに、ケアできていないことも

高級ブランドの化粧品でも、かさつきの原因になってしまうことがあります。一見安い製品と比べてこだわっているようにも見えるのに、一体何が問題なのでしょうか。正解は、刺激物質です。
化粧品には様々な添加物が含まれています。粘りを出すため、洗浄力を上げるため、よく伸びるようにするためなど、用いられる理由は様々です。肌が敏感な人の場合は、化粧品も特に気を付けていることと思いますが、唇はその中でも特に皮膚が弱いことに留意する必要があります。漠然と「買ったけど合わなかった」と思って眠ったままになっている化粧品には実は共通点がある場合があります。いままで合わなかった化粧品の成分を見てみると、次から選ぶときに失敗が少なくなるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る